最新2021年6月値引き情報!トヨタハイラックス新車購入時の値引き相場

ハイラックス 値引き

トヨタが生産しているピックアップトラック「ハイラックスサーフ」。

高い耐久性を誇り、様々なシーンで活躍している。

この、トヨタハイラックスを購入するときに気になるのが以下の値引き情報だ。

  • トヨタハイラックスの最新値引き相場は?
  • ハイラックス値引きの限界はいくら?
  • ハイラックス購入者の口コミを見たい!

このブログでは、トヨタハイラックスの最新値引き情報をレポートしています。

最新2021年6月!ハイラックス(ピックアップ)値引き価格相場の情報

最新 価格 相場 情報
【最新2021年6月ハイラックス値引き価格相場】

オプション込み総額ー万円

ハイラックス値引き価格相場の推移
値引き価格相場
2021年6月
ー万
2021年5月
25万
2021年4月
23万
2021年3月
23万
2021年2月
23万
2021年1月
22万
2020年12月
21万
2020年11月
20万
2020年10月
20万
2020年9月
18万
2020年8月
マイナーチェンジ
2020年7月
2020年6月

ハイラックス値引き価格相場の情報

ハイラックスの受注はストップしている。

現時点で発売再開するかもしくはそのまま生産終了になるか、具体的な情報はない。

ハイラックスの見積もりに注意!購入時期によって値引き額は違う?

ハイラックスに限らず購入時期による値引き額の違いは少ない

購入時期によってハイラックスの値引き額に違いがあるのか気になるところだ。

しかし、前述のデータを見ると、モデルチェンジ後は少なくなるが、季節要因による値引き額の違いはない。

値引きが多いと思っても、「下取り車を安く査定して、浮いた差額で見かけ上のハイラックスの値引き額を拡大させただけ」というケースが目立つ。

ハイラックスの値引き交渉時にこの手法がよく使われていることは覚えておこう。

支払総額は同じ
見積もり1
値引き40万 下取り査定100万
見積もり2
値引き30万 下取り査定110万
見積もり3
値引き20万 下取り査定120万

正直なセールスマンは「買取店に売ったほうが高い」と明かしてくれる

新車を購入する客は値引きを求めることが多いので、多くのディーラーでは下取り車を高く買い取ることはしない。

通常はこの事実をセールスマンが語ることはないが、下記の車雑誌の体験談のように「買取専門店のほうが高く売れる」と言ってくれたら正直者だ。

購入
↓拡大
見積もり
査定

車

買取

目標や競合を決めてトヨタハイラックスの値引き率を限界まで拡大する

トヨタハイラックスの値引き率を限界にする3つの秘訣

1.ハイラックス本体の競合
経営の異なるトヨタディーラーでハイラックス同士を競合させる
2.オプションの値引き
ハイラックスのディーラーオプションは20%の値引き率を目標とし、「取り付けは無料で」と交渉する
3.下取り車の競合
ハイラックスの下取り車はディーラーと買取専門店を競合させる
  1. 特に「3.下取り車の競合」は効果絶大!

    限界

  2. 拡大

    トヨタ
    目標

高値がつきやすいのは➞ズバット車買取比較

Xの新車か?Zの中古か?マイナーチェンジしたハイラックスの値引き交渉

X 新車 Z マイナーチェンジ
株式会社ウインターハート斉藤良男の各種SNSを使って、マイナーチェンジしたハイラックスZ(新車)の交渉内容を聞きました。

当ブログ公式ツイッター
株式会社ウインターハート斉藤良男のfacebook
株式会社ウインターハート斉藤良男のみんカラ

  • ハイラックスZの値引き交渉者

    30代男性

  • 交渉時期

    2020年10月

  • 購入の理由

    乗っていた車がぶつけられたので買い替え

特別仕様車ブラックラリーエディションを購入したトヨタディーラーへ出向く

これまで乗っていた車は2年前に買ったハイラックスの特別仕様車ブラックラリーエディション。

ところが、信号待ちで停まっている最中に後ろから追突されてしまいました。

大きな損傷だったので、2020年8月にマイナーチェンジしたという新車に買い替えることに。

ブラックラリーエディションを購入したトヨタディーラーAへ出向きました。

マイナーチェンジ後も納期が早まる気配がなく値引きも少ない

納期 早まる

トヨタディーラーAに着くと事情を説明し、マイナーチェンジ後の新型についての情報を仕入れる。

すぐにでも車が必要なので、気になるのが納期。

ハイラックスは納期が長く、特別仕様車ブラックラリーエディションを購入した時も4ヶ月以上かかった記憶があります。

マイナーチェンジ後も納期が早まる気配はなく、3~5ヶ月かかるとのことで悩ましい限りです。

その後、セールスマンはマイナーチェンジした新型ハイラックスの改良箇所を説明してくれました。

内装・外装の変更
フロントグリルなどを変更し、より迫力のあるデザインに生まれ変わりました。
Xグレードは内装の質感も向上させています。
燃費アップ
エンジンを改良して燃費が15%以上もアップしました。
安全性や足回りを強化
Zグレードはプリクラッシュセーフティーなどの安全機能やオートLSDなどを追加。
Xグレードと共にサスペンション性能も向上させました。

マイナーチェンジという割には変更箇所が少なく、一部改良のように感じました。

とりあえずカタログをもらって、家に帰ってじっくり読んでから再訪することに。

帰り際にさりげなく値引きについて聞いてみると、マイナーチェンジ後のため抑えているようでした。

この日のまとめとしては、

  1. 納期は長い
  2. 値引きは少ない
  3. マイナーチェンジの変更点は少ない

という内容であり、購入意欲が下がるものでした。

Zの中古と悩むがリセールもあるので新車を選択

中古 リセール

トヨタディーラーでの話を聞いて、新車だけでなく中古のハイラックスも検討することにしました。

ネットで探しているとZの中古でよい車両を発見。

しかし、割安感がありません。

中古はリセールも低そうですし、やはり新車を購入することにしました。

トヨタディーラーA店でハイラックスXの値引き交渉

新車を購入すると決めたのですが、予算的にグレードはXになります。

早速、会社帰りにトヨタディーラーA店に出向き、ハイラックスXの値引き交渉を行いました。

トヨタディーラーA店では何台か車を買っており、いつものように以下の流れで交渉を行います。

  1. お任せで見積書作成

  2. オプションの追加・削除

  3. 値引き交渉

ハイラックスはメーカーオプションの設定がないので、ディーラーオプションのみになります。

セールスマンが選んでくれたディーラーオプションから、ボディーコーティングを削って見積もりを作り直してもらいました。

ハイラックスの支払総額は約400万
ハイラックスXの車両価格が347万円、税金・諸費用とディーラーオプションを合わせると、約400万円になりました。
下取り査定は85万円
約2年前に買ったばかりの車ですが、事故で損傷しているので85万円になりました。
値引きは記載なし
初回の見積もりということで値引きは記載されていません。

ここから値引き交渉を行うと、ハイラックスは2020年8月にマイナーチェンジしたばかりということで値引き価格は10万円との事。

あまりに少ないのでしばらく粘っていると15万円に拡大した。

しかし、ハイラックスは納期が長いので、納車までの全期間は代車を貸せないとの事。

ぶつけられたハイラックスはテールランプがつかないので乗ることが出来ず、これでは困る。

値引き以前の問題であり、根本から考え直すことになりました。

トヨタディーラーB店で20万円の値引きでハイラックスXを契約

従来、ハイラックスはトヨタ店の専売だったのですが、2020年5月からは全トヨタ販売店で購入が可能となりました。

そこで、トヨタ店ではない他のディーラーBでもハイラックスの値引き交渉を行うことに。

これまでの経緯を話すと、セールスマンはかなり乗り気で期待が持てました。

  • 値引き25万
  • 代車は納車まで利用可能
  • 下取り査定90万円

いきなり好条件が飛び出した。

申し分のない条件だったのでそのまま契約。

ただし、下取り車は買取専門店が102万円で買い取ってくれたのでそちらに売却。

【編集部注】
買取専門店のおすすめは➞ズバット車買取比較