【2022年8月値引き価格】新型RAV4/ハイブリッド新車値引き相場や交渉の情報

新型RAV4 値引き
人

一度は生産中止になったものの、2019年春に復活したトヨタの新型RAV4/ハイブリッド。

2021年12月には一部改良が実施されてヘッドライトの意匠変更などが行われている。

このブログでは、2022年8月における新型RAV4の値引き相場価格相場や目標などの情報をレポートする。

2022年8月新型RAV4値引き結論
  1. 値引き相場-万~-万円(オーダーストップ)
  2. 目標値引き率車体価格から-%、ディーラーオプションから-%
  3. 下取り車はRAV4の値引き幅の調整に使われる上、査定額も買取専門店に及ばないので下取りなしで商談しろ
当ブログの新型RAV4値引き情報は、信頼・根拠のある情報・データをベースにレポートしています。

最新2022年8月新型RAV4/ハイブリッド値引き相場

最新 新型 ハイブリッド 相場

2022年8月における新型RAV4/ハイブリッドの最新値引き相場や推移を下記に示した。

新型RAV4最新値引き相場

ディーラーオプション含む総額
-万~-万(オーダーストップ)

RAV4は一部改良のためオーダーストップ。一部改良後の仮予約を受けつけているディーラーもある。

新型RAV4最新値引き相場推移
値引き相場
2022年8月
オーダーストップ
2022年7月
オーダーストップ
2022年6月
オーダーストップ
2022年5月
30~31万
2022年4月
30~31万
2022年3月
26~27万
2022年2月
26~27万
2022年1月
26~27万
2021年12月
24~25万
2021年11月
22~23万
12月に
一部改良
2021年10月
-万
2021年9月
34~35万
2021年8月
34~35万
値引き相場の典型的な推移パターン
RAV4に限らず、どの車でも新型登場時には値引き相場が少なく、徐々に拡大していく(モデル末期が最大)

RAV4の値引き価格が40万・50万・60万になる見積もりの仕組み

40万 50万 60万

RAV4の値引き価格が40万や50万・60万になったとしても喜ぶのは早い。

値引きが拡大したように見えても、下取り車を安く査定し、浮いた差額で新型RAV4の値引きを水増ししただけということが多いからだ。

これは多くの営業マンが行っており、自衛手段としては下取り車を買取専門店でも査定しておくしかない。

下取りと値引きの関係(支払総額は同じ)
新型RAV4
値引き価格
下取り
査定
見積もり1
60万
90万
見積もり2
50万
100万
見積もり3
40万
110万
見積もり4
30万
120万
(参考)
150万
買取店の
買取価格
営業マン営業マン

下の本のとおり、新型RAV4の値引きなんて下取り車でいくらでも調節できる。

  1. 見積もり
  2. 価格

よって、値引き価格だけに目を向けるのは誤りだ。

RAV4の値引き価格+下取り査定」で考える必要がある。

RAV4の値引き価格

3月の決算期はRAV4の値引きが限度まで最高になる?実は1月2月4月5月も同じ

3月の決算期はRAV4の値引きが限度まで最高になると期待する人がいる。

しかし、実際は3月でも1月2月4月5月と値引き相場は変わらない。

下記は2020年上半期のRAV4の値引き相場だ。

3月 決算期 限度 最高 1月 2月 4月 5月

新型RAV4は2019年に登場しているので値引きが徐々に拡大しているが、3月でも1月2月4月5月と比べて特に変わっておらず、限界まで最高になるということはない。

正直な営業マンはRAV4の値引き交渉時に「下取りなし」を勧めてくれる

営業マンは、ディーラーにおけるRAV4下取り車の査定額が買取専門店より安いことを知っている

そのため、正直な営業マンはRAV4の値引き交渉時、下記車雑誌読者レポートのように「下取りなし」にして買取専門店へ売却することを勧めてくれる(下記雑誌では営業マンが言うとおり車買取店の方が16万円高く査定)。

下取りなし

↓拡大
交渉
ディーラー

車

16万

新型RAV4の値引き目標は「額」ではなく「率」で考えよう

目標 額

上述した新型RAV4の値引き相場は、グレードによる新車価格の違いやオプションの総額などを一切無視している。

しかし、XのFFハイブリッドアドベンチャーでは、下記のように新車価格が130万円以上も違うから、値引き額にも違いがあって当然だ。

新型RAV4新車価格
グレード
駆動
価格
(万円)
X
FF
277.4
4WD
300.5
G
4WD
344.7
G
Zパッケージ
4WD
359.5
アドベンチャー
4WD
348.7
ハイブリッドX
FF
337.4
4WD
362.7
ハイブリッドG
4WD
408.5
ハイブリッド
アドベンチャー
4WD
410.6

よって、新型RAV4の値引き目標は、値引き「」ではなく「」で計算し、判断すべきだろう。

RAV4車体本体とディーラーオプションでは値引き率の目標が違う

目標とする値引き率は、「RAV4車体本体」と「ディーラーオプション」で違うので、分けて設定する。

ディーラーオプションは販売店の利幅が大きいので、RAV4本体よりも値引き率の目標を高く設定する。

率
【2022年8月】

RAV4車体価格からの目標値引き率
メーカーオプションとの合算から
-%

ディーラーオプションの目標値引き率
-%
ディーラーオプションとRAV4車体本体からの値引きが合算されているときは?
自身の購入する「RAV4の車体価格」及び「ディーラーオプション価格」に対し、それぞれに上記目標値引き率を掛けて合計すれば比較できる。
人

値引き率だとイメージがわかない人もいるだろうから、X・G Zパッケージ・ハイブリッドGを例にしてRAV4の目標値引き額を見てみよう。

※2022年6月追記:5月時点における一部改良前の値引き目標です

X・G Zパッケージ・ハイブリッドGの目標値引き額

X・G Zパッケージ・ハイブリッドGの3グレードに対し、それぞれのオプション条件を変えてシュミレーションした。

Xの4WD車体価格からの目標値引き額は36万円
X
画像出典:トヨタRAV4公式サイト

新型RAV4のエントリーグレードとなるX。

このXの4WDは約300万円だから、車体価格からの目標値引き額は27万円だ。

これにディーラーオプションを50万円購入した場合、値引き総額の目標は36万円となる。

G Zパッケージにディーラーオプション50万なら目標値引き総額は41万
G Zパッケージ

ガソリン車で最上位グレードに位置するG Zパッケージ。

このG Zパッケージの新車価格は359万円だから、新車価格からの目標値引き額は32万円だ。

これにディーラーオプションを50万円つけた場合、値引き総額の目標は41万円となる。

ハイブリッドGにディーラーオプション60万なら目標値引き総額は48万
ハイブリッドG

新型RAV4で上位グレードとなるハイブリッドG。

このハイブリッドGの新車価格は約408万円だから、車体価格からの目標値引き額は37万円だ。

これにディーラーオプションを60万円つけた場合、値引き総額の目標は48万円となる。

フォレスターやトヨタ同士を競合させてRAV4の値引きを限界まで最大にする

値引きを限界まで最大にするには、フォレスターやトヨタ同士におけるRAV4の競合が必須

フォレスターとの競合を先に行い、その後トヨタ同士でRAV4を競合させる。

フォレスター
フォレスター
画像出典:フォレスター公式サイト

RAV4と価格帯や車の性格が最も重なるのがフォレスターだろう。

オフロードはもちろん、最先端の運転支援技術「アイサイト」を全車標準装備することによりオンロードでの安全性能も高い。


トヨタ同士の競合で限界まで最大に
トヨタ

RAV4はカローラ店とネッツ店の取り扱いだったが、2020年5月からは全トヨタディーラーで販売されている

RAV4同士を徹底的に競合させて限界まで最大に値引きを拡大させる。

  1. 下取り車は買取店を競合させれば限界まで最大で売れる!

    競合

  2. 拡大

    限界
    最大

おすすめは➞ズバット車買取比較

納期と値引きで有利なディーラーの展示車も検討する

納期 ディーラー 展示車

値引き交渉しても予算が足りないときは、ディーラーにあるRAV4の展示車を購入することも検討する。

値引きが大きく納期も早いというメリットがあるので、いくつかのディーラーにあたって展示車があるか聞いてみよう。

展示車とは?
その名の通り、ディーラーに展示してある車両のこと。

通常、動かすことはないが、不特定多数の人に触れられている。

入れ替えを行う際、一般客に売却されることが多い。

車両が既にあるので納期が早い。

モデリスタや特別仕様車オフロードパッケージは平均値引きが少ない?

RAVA4のなかでも、モデリスタや特別仕様車オフロードパッケージは値引き相場が平均より少ないと考える人がいるようだが実際はどうだろうか。

モデリスタ
モデリスタ 平均

RAV4にはモデリスタブランドのエアロやホイールなどが用意されている。

このモデリスタはディーラーから注文できるものの、多くのデータを平均すると通常のディーラーオプションより値引きは少なめになることが多いようだ。

特別仕様車オフロードパッケージ
特別仕様車オフロードパッケージ

RAV4にはアドベンチャーをベースグレードとした特別仕様車として、オフロードパッケージを設定している。

装備内容に対して割安な価格設定であるものの、こちらの値引き相場はベースグレードの平均と同程度だ。

トヨタRAV4新車値引き実例の口コミをレポート

トヨタRAV4新車値引き実例の口コミをレポート
執筆者斉藤良男のみんカラのアカウント、当ブログ公式ツイッターなどを通し、トヨタRAV4アドベンチャー、Gの新車購入者から聞いた値引き交渉実例の口コミをレポートします。

人気グレードのアドベンチャーから30万円値引きした実例レポート

人気グレード アドベンチャ― 30万
  • 新型RAV4購入者
    30代男性
  • 交渉年月
    2019年11月(ネッツ店)
  • グレード
    アドベンチャー
新型RAV4を購入した理由は?
後発ということでダイナミックトルクベクタリングAWDやマルチテレインセレクトなど、最新の装備が魅力でした。
アドベンチャーの値引き額はいくら?
約30万円でした。
目標には届かなかったですが、人気グレードでリセールも期待できるので契約しました。
新型RAV4値引き交渉のコツはありますか?
価格帯が少し低いエクストレイルなどと競合させ、予算的にRAV4は厳しいが値引き次第では購入すると伝えました。
現在ではネッツ店とカローラ店の取り扱いですけど、2020年になれば全ての販売店で購入できるので、同士競合がしやすくなると思います。

ハリアーと迷ったがネッツ店でGから25万円値引きで購入したレポート

ハリアー ネッツ G
  • RAV4購入者
    40代男性
  • 交渉年月
    2020年11~12月(ネッツ店)
  • グレード
    G
RAV4Gを購入した理由は?
RAV4はデビュー当初から気になっていました。
グレードは、安全装備の充実したG系を選択しました。
ハリアーとも迷ったのですが、納期が長すぎであきらめました。
RAV4Gの値引き総額は?
値引きは25万円を少し超えるくらい。
RAV4値引き交渉のポイントは?
登場から比較的日が浅いので値引きが少ないのは仕方がないのですが、フォレスターと競合させて拡大させました。

ありがとうございました。

当ブログのRAV4値引き情報源は価格コム・みんカラ等を利用

当ブログのRAV4値引き情報は、下記の内容を分析して集計しており信頼性を確保している。

当ブログのRAV4値引き情報源

値引き交渉の実例は、みんカラ・ツイッター等を通してRAV4購入者に接触して収集するほか、中古車を売買している過程で聞く話もある。

RAV4の値引き相場は、主に価格コムや各種車雑誌、ディーラー等から仕入れた情報を補正して公開している。