【2021年9月値引き額】新型カローラツーリング/ハイブリッドの値引き相場や交渉の情報

カローラツーリング 値引き
人

2019年9月17日、カローラフィールダーがフルモデルチェンジし、カローラツーリングという名称で発売された(カローラフィールダーも従来名で販売を継続)。

スマホ連携ディスプレイオーディオを全車に標準装備するなど、これまでのカローラ像とは異なる華やかで若々しい内容になっている。

このブログでは、2021年9月における新型カローラツーリング/ハイブリッドの値引き額相場や交渉に役立つ情報を報告。

2021年9月新型カローラツーリング値引き結論
  1. 値引き相場22万~23万円
  2. 目標値引き率車体価格から10%、ディーラーオプションから20%
  3. 特別仕様車G-Xプラスも値引き率や相場は同じ
  4. 下取り車はカローラツーリングの値引き操作に用いられることに加え、査定金額も車買取店以下なので下取りなしで商談したほうがよい
当ブログのカローラツーリング値引き情報は、信頼・根拠のある情報・データを使って算出しています。

2021年9月新型カローラツーリング値引き相場はどうなっている?

新型 相場

2021年9月における新型カローラツーリングの値引き相場やその推移はどうなっているのか、下記に示した。

新型カローラツーリング値引き相場

ディーラーオプション含む総額
22万~23万

新型カローラツーリングの値引き相場は2021年7月の一部改良でやや渋い。

新型カローラツーリング値引き相場推移
値引き相場
2021年9月
22~23万
2021年8月
22~23万
2021年7月
一部改良
22~23万
2021年6月
24~25万
2021年5月
25~26万
2021年4月
24~25万
2021年3月
24~25万
2021年2月
23~24万
2021年1月
24~25万
2020年12月
24~25万
2020年11月
23~24万
2020年10月
一部改良
23~24万
2020年9月
26~27万

値引き交渉におけるカローラツーリングの下取り車の扱い方

交渉

カローラツーリングの値引き交渉において盲点になるのが下取り車の扱いだ。

営業マンはカローラツーリングが値引きされることの埋め合わせとして、下取り車を安く査定する傾向にある。

営業マン営業マン

値引きされても支払総額が減らないように、カローラツーリングの取り車で調整している(下の本に書いてある)。

  1. 幅
  2. 下取り車
下取りと値引きの関係(支払総額は同じ)
カローラツーリング
の値引き
下取り
査定
見積書1
40万
70万
見積書2
30万
80万
見積書3
20万
90万
(参考)
110万
買取店の
買取価格

よって、カローラツーリングの値引きだけに目を向けていてはだめだ。

カローラツーリングの値引き+下取り査定」で考えなくてはならない。

30万

カローラツーリングの下取り車はディーラーより車買取店に売るほうがよい

各種車雑誌には値引き交渉の実例レポートが掲載されているが、下取り車が高値で売れているのはディーラーよりも車買取店のほうだ。

  1. 月刊自家用車値引き実例レポート(2名)

    実例

  2. 拡大

    レポート
    ディーラー
自動車ジャーナリストの見解
自動車ジャーナリストの見解
買取

その上、ディーラーにカローラツーリングの下取り車を売ると下記の代金を取られることが一般的だが、車買取店ならいずれも不要だ

いずれも不要

下取り査定は値引きよりも差が付きやすいので、カローラツーリングの下取り車は一括査定サイトを使って複数の車買取店で査定し、最も高い店に売れば支払総額が減少するだろう。

カローラツーリングの値引き目標は「額」ではなく「率」で考える事

額

上記したカローラツーリングの値引き相場は、グレード間の新車価格の違いやオプションの量は全く考慮に入っていない。

しかし、ハイブリッドW×Bの4WDガソリンのGーXでは、下記のように新車価格が100万円近くも違うから、値引き額にも違いがあって当たり前。

カローラツーリング新車価格
グレード
駆動
価格
(万円)
W×B
ターボ
FF
247.4
GーX
FF
201.3
S
FF
221.7
W×B
ノンターボ
FF
236.5
ハイブリッドG-X
FF
248.1
4WD
267.9
ハイブリッドS
FF
265.1
4WD
284.9
ハイブリッド
W×B
FF
280.0
4WD
299.8

以上の理由により、カローラツーリングの値引き目標は、値引き「」ではなく「」に換算して判断することが望ましい。

カローラツーリングの車本体とディーラーオプションでは値引き率の目標が違うので注意

目標とする値引き率は、「カローラツーリングの車本体」と「ディーラーオプション」で違うので注意が必要となる。

ディーラーの純正オプションは販売店の利幅が大きいので、カローラツーリングの車本体よりも値引き率の目標を高く定める。

車本体 率
【2021年9月】

  • カローラツーリング車本体からの目標値引き率
    メーカーオプションとの合算から
    10%

  • ディーラーオプションの目標値引き率

    20%

ディーラーオプションとカローラツーリング本体の値引きを合計したものが提示されました
自身の購入する「カローラツーリングの車体価格」及び「ディーラーオプション価格」に対し、それぞれに上記目標値引き率を掛けて合算すれば比較可能です
人

値引き率だとイメージがわきにくいから、G-XのガソリンW×Bハイブリッド4WDを例にしてカローラツーリングの目標値引き額を見てみよう。

カローラツ―リングG-X(ガソリン)の車体価格からの目標値引き額
G-X ガソリン
画像出典:カローラツーリング公式サイト

カローラツ―リングのエントリーグレードとなるG-X(ガソリン)は、低価格ながらプリクラッシュセーフティーやオートマチックハイビームといった安全装備はしっかり装備。

G-X(ガソリン)の新車価格は約201万円だから、車体価格からの目標値引き額は20万円だ。

このG-X(ガソリン)にディーラーオプションを30万円購入したとすると、値引き総額の目標は26万円となる。

W×Bハイブリッド4WDにディーラーオプション40万の目標値引き総額
W×B ハイブリッド4WD

カローラツーリングで最も新車価格が高額となるのがW×Bのハイブリッド4WD。

このW×Bハイブリッド4WDの新車価格は約300万円だから、車本体からの目標値引き額は30万円だ。

ディーラーオプションを40万円を購入した場合、W×Bハイブリッド(4WD)値引き総額の目標は38万円となる。

特別仕様車G-Xプラスも値引き率や相場は同じ

特別仕様車G-Xプラス

G-Xをベースに、主に以下の装備を付加したお得な特別仕様車G-Xプラス。

  • インテリジェントクリアランスソナー・バックガイドモニターなどの安全装備
  • UVカット機能付プライバシーガラス
  • メーター周りやステアリングホイールなどにシルバー塗装
  • レジスターノブはサテンメッキ加飾

この特別仕様車G-Xプラスの値引き率や相場はベースグレードと同じだ。

カローラツ―リングの新車値引き価格が限界になるのは決算期?

限界 決算

ボーナス時期や決算期などはディーラーのノルマ達成のため、カローラツーリングの新車値引き価格が限界まで拡大すると期待することがあるかもしれない。

しかし、ディーラーには月ごとにも厳しい販売ノルマがあるため下記のようなセールを常に行っており、決算期など特定の時期にカローラツ―リングの新車値引き価格が急拡大することは基本的にない。

新車
価格
人

冒頭に示したカローラツ―リング値引き価格相場の推移を見ると、決算期でも値引きは拡大していないことが明白だ。

カローラツ―リングも含め、どの車種でもモデルチェンジにより値引き相場が少なくなり、モデル末期に向かって拡大するというサイクルを繰り返す。

トヨタ3ディーラーで交渉!カローラツ―リングハイブリッドS値引きの口コミ

トヨタ ハイブリッド
執筆者斉藤良男のみんカラのアカウント、当ブログ公式ツイッターなどを通し、トヨタカローラツーリングハイブリッドS購入者から聞いた値引き交渉の口コミをレポートします。
神奈川在住50代男性
職業:会社員
交渉年月:2021年1月

トヨタのカローラツーリングハイブリッドSを購入しました。

カローラツーリングとスポーツが候補!納車期間の短い中古も検討

納車期間 中古 スポーツ

2021年の新年早々、現在乗っている車の車検が今年3月までということに気づき、古いので買い替えることに。

以前から欲しかったカローラツーリングが第一候補となるが、スポーツも気になっている。

通勤で使うので納車期間が重要であり、以下の選択肢を検討した。

納車期間の短い中古のカローラツーリング
中古なら納車期間を気にせずじっくり検討できるが、カローラツーリングは2019年に登場したばかりなので割安感がなく断念。スポーツも2018年登場なので同じ傾向だった。
新車のカローラツーリングorスポーツ
カローラツーリングとスポーツは、デザインや価格が近くて甲乙がつけがたい。
しかし、リセールはカローラツーリングの方が良いことが判明。

荷室も広いのでカローラツーリングの新車に決めた。

燃費やリセールの良いカローラツーリングのおすすめグレードは?

燃費 リセール おすすめグレード

続いてカローラツーリングのグレード選びに移る。

通勤に使うので燃費が良いことは必須となるのでハイブリッドを選択。

現在の社会情勢を考えてなるべくディーラーには行かずにやり取りを行うことにしたので、トヨタディーラーに電話をしてカローラツーリングのハイブリッドでリセールの良いおすすめグレードを聞いた。

すると、「売れ行きの良いグレードはリセールも高くておすすめ」とのことで、販売割合を教えてくれた。

  1. ハイブリッドW×B
    カローラフィールダー時代から根強い人気のW×B。購入者の選択率は約60%でリセールも良いおすすめのグレード。
  2. ハイブリッドS
    カローラツーリングのおすすめグレード2位はハイブリッドS。選択率は約30%。
  3. ハイブリッドG-X
    ハイブリッドの廉価グレードとなるG-Xは選択率10%と人気がなく、あまりお勧めしないとの事。

ただし、人気のW×Bはリセールも良いが選択できるボディーカラーが少なく青が選べないことが判明。

そこで、グレードはハイブリッドSに決定した。

最大値引きを目指してトヨタ3ディーラーで見積もりを競合させる

見積もり

グレードが決まったので、トヨタディーラーに行って見積もりをもらうことにした。

最も値引き額の大きいところから購入するため、以下の順で3つのディーラーを回り見積もりを取った。

  1. カローラ店
    家から最も近くメンテナンス等で通いやすい。
    電話でおすすめグレードを聞いたのはこの店だ。
    見積もりをもらって値引きを聞くと15万円。

  2. トヨぺット
    雑談をしている時、既に他のディーラーで見積もりをもらっていることを伝えるとトーンダウン。
    見積もりをもらうが値引きの話をすると10万円とのことで競合にのってくる気配がない。

  3. ネッツ
    ノリの良いセールスマンで、頼りがいがある感じ。
    値引きも精一杯頑張ってくれて初回の見積もりから20万を提示。
    最終的に25万円になったのでここで契約しました。

当ブログのカローラツーリング値引き情報源は価格コム・2chの口コミ等を利用

当ブログでは、下記のように様々なカローラツーリングの値引き情報を分析しており、信頼性を担保している。

当ブログのカローラツーリング値引き情報源

値引き交渉の実例・口コミは、運営者のみんカラ・ツイッター等を通してカローラツーリング購入者に接触して収集するほか、中古車を売買している過程で聞く話もある。

カローラツーリングの値引き相場は、主に価格コムや各種車雑誌、2chの口コミ、トヨタディーラーから聞いた情報などを総合的に分析している。