2022年ホンダフリードプラス新車値引き情報

フリードプラス 値引き

フリードの2列シート仕様となるフリードプラス

3列目シートがないので荷室が広く、アウトドア派に人気が高い。

このフリードプラスの2022年11月における新車値引き情報をレポートします。

フリードプラス値引き結論
  • 2022年11月値引き価格相場

    総額20~21万円

  • 目標値引き率
    1. フリードプラスの本体から11%
    2. ディーラーオプションから22%

値引きは下取り車で操作されるので注意(後述)

2022年11月ホンダフリードプラス値引き相場の情報

相場 情報
人

2022年11月におけるフリードプラス値引き相場や、関連する情報を以下に示す。

2022年11月
フリードプラス値引き相場
20~21万
ホンダフリードプラス値引き相場
値引き相場
2022年11月
20~21万
2022年10月
20~21万
2022年9月
19~20万
2022年8月
19~20万
2022年7月
19~20万
※6月に
一部改良
2022年6月
28~29万
2022年5月
28~29万
2022年4月
28~29万
2022年3月
28~29万
2022年2月
28~29万
2022年1月
28~29万
2021年12月
28~29万
2021年11月
28~29万
フリードプラス値引き相場の情報
2022年11月の値引き相場
フリードプラスの値引き相場は2022年6月の一部改良でやや渋い。
今後の見通し
一部改良でやや渋くなった値引き相場は、数ヶ月で回復すると思われる。
人

ところで、フリードプラスの値引き情報ばかりに気を取られていてはならない。

新車の値引きは下取り車で調整されているので、その実態を理解する必要があるので解説する。

値引きは下取り車で調整されていることが多い

フリードプラスを買う時に多くの客は値引きを要求してくる。

それはセールスマンもわかっているので、事前に対策を立てている。

前もって下取り車を安く査定しておき、浮いた差額の範囲内で値引きを調整しているのだ

下取りと値引きの関係(支払総額は同じ)
フリードプラス
値引き
下取り
価格
見積書A
40万円
50万円
見積書B
30万円
60万円
見積書C
20万円
70万円
(参考)
90万
買取店の
買取価格
営業マン営業マン

下取り価格を安くして、値引き幅を調整しているよ(下の本に書いてある)。

よって、フリードプラスの見積書において、値引き額だけに気を取られていてはだめだ。

フリードプラスの見積書では「値引き額+下取り価格」をチェックすること。

額

拡大
拡大
見積書

フリードプラス/ハイブリッドの新車価格に対する目標値引き率

ハイブリッド 新車 価格 目標

フリードプラスの新車を買いに行く前に、目標とする値引き価格を定めておくことを推奨する。

ところで、フリードプラスには4WDやハイブリッドもあるため、新車価格は218万~304万と幅広い。

よって、目標はフリードプラスの新車価格に対する値引き率として定める。

フリードプラス/ハイブリッド新車価格
グレード
駆動
新車価格
(万円)
G
FF
237
4WD
254
クロスター
FF
259
4WD
275
特別仕様車G
BLACK STYLE
FF
244
4WD
260
ハイブリッドG
FF
266
4WD
282
ハイブリッド
クロスター
FF
292
4WD
308
特別仕様車
ハイブリッドG
BLACK STYLE
FF
272
4WD
289
フリードプラス目標値引き率
【2022年11月】
フリードプラス本体
新車価格の11%
ディーラーオプション
22%
人

フリードプラスハイブリッドG4WDの目標値引き額を計算してみよう。

フリードプラスハイブリッドG4WDの目標値引き価格

ハイブリッド 4WD
画像出典:フリード公式

フリードプラスで最も人気がある売れ筋のグレードがハイブリッドG

両側パワースライドドアやオートリトラミラーなどの快適装備が採用されている、

このフリードプラスハイブリッドG(4WD)にディーラーオプション40万円買ったときの目標値引き価格は以下のとおり。

    フリードプラスハイブリッドG(4WD)目標値引き価格
  • 車両本体

    282万×0.11=31万円

  • ディーラーオプション

    40万×0.22=9万

目標値引き価格40万

シエンタと値引きを競わせてフリードプラスの乗り出し価格を限界まで下げる

フリードプラスの乗り出し価格を限界まで下げるには、シエンタと競わせることが必須となる。

その後、ホンダディーラーでフリードプラス同士を競合させて値引きを限界にする。

  • シエンタ
    シエンタ 乗り出し 限界

    フリードプラスの最大のライバルはシエンタ。

    シエンタと言っても、通常の3列仕様ではなく2列仕様のファンベースが相手となる。

    シエンタのほうが価格設定が安いことを利用し、予算が足りないのでフリードプラスの値引きが少なければシエンタにすると攻めよう。

  • フリードプラス同士
    シエンタと競わせた後は、経営の異なるホンダディーラーに出向き、フリードプラス同士を競合させて乗り出し価格を限界まで下げる。
    フリードプラス限界値引き獲得フロー
  1. シエンタとの競合

  2. フリードプラス同士の競合

  3. フリードプラスの乗り出し価格が限界まで下がる

値引きが少なければフリードプラスの中古を探す

中古

何度か交渉しても、思うようにフリードプラスの値引きが拡大しないこともあるだろう。

そのようなときは、フリードプラスの中古を探してみてるのもよい。

中古の場合、車体本体だけでなく諸費用も安いので、乗り出し価格は新車よりも大幅に下げられる。

納期が早いというメリットもあるので、中古に抵抗がないなら検討してみよう。

新車に近い「新古車」も探せば見つかる。

ホンダ3店を競合したフリードプラスクロスター値引き交渉の体験談

ホンダ クロスター
執筆者斉藤良男の各種SNSなどを使って聞いた、ホンダフリードプラスクロスター値引き交渉の体験談をレポートします。
【値引き体験談報告者】

30代男性
交渉時期:2021年2月



子供が大きくなり、山や川といったアウトドアへ出掛ける頻度が増えてこれまで乗っていた軽自動車だけでは役不足なので、増車することにしました。

ターゲットはフリードプラスのクロスター。

近所にあるホンダディーラー3店を競わせて値引き拡大を目指しました。

    ホンダフリードプラスクロスター値引き体験談
  • ホンダA店での値引き交渉
    フリードプラスクロスターの展示車がある店を検索して見つけたホンダディーラーA店へ出向く。

    ホンダディーラーAに着いて「フリードプラスを検討している」と伝えると、若いセールスマンが対応してくれた。

    店内にあった展示車でシートアレンジや荷室を確認すると、とても良い感じだ。

    席に移動して商談に入り、各種説明を受ける。

    その後、見積書作るにあたり、以下の条件を伝えた。

    1. オプションは全くなし
    2. 在庫車のようなものが安く買えれば提案して欲しい
    3. 下取り車もなし

    その場で見積書を作成してもらい、早速値引き交渉に入る。

    しかし、セールスマンが提示したフリードプラスクロスターの値引き額は、たったの10万円

    セールスマン曰く、(オプションなしなど上記3つの)この条件ではあまり値引きはできないとの事。

  • ホンダB店での値引き交渉
    続いて、家から一番近いホンダディーラーとなるB店に出向く。

    少し雑談したあと、A店と同じ条件でフリードプラスクロスターの見積もりを依頼した。

    その後、値引き額を尋ねると15万円との事。

    条件が悪いせいか、ネットや雑誌で調べた値引き相場よりも少ない。

  • ホンダC店での値引き交渉
    後日、職場の近くにあるホンダディーラーC店でも交渉を行った。

    これまでの経過を話し、フリードプラスクロスターの値引き拡大を目指す。

    すると、以下のどれかを申し込んでくれれば、B店より値引きの上乗せが可能だという。

    • ボディーコーティングかメンテナンスパック
    • 残価設定ローン
    • 通常ローンの場合はディーラーで組む

    どのみちメンテナンスは必要になるので割高な気はするがメンテナンスパックをつけることにした。

    ここから交渉をすると、値引き額は23万円とのこと。

    一旦持ち帰ることにした。

家に帰ってから、これまでのおさらいと今後の方向性を考えた。

ホンダA店
セールスマンの対応はよかったが、値引きが最も少なく候補から除外。
ホンダB店
家から最も近いので、できればここから購入したい。
ホンダC店
値引きは最も多いが、本音ではメンテナンスパックはいらいない。

熟慮の末、ホンダB店とC店に絞って交渉を継続することにした。

その結果、最終的にB店がC店と同じ23万円の値引きとなったのでB店と契約。

オプションなしなので値引きは増えなかった
フリードプラスの値引き相場より少ないかなと思いました。
しかし、オプションを一切つけなかったので仕方ないですかね。
フリードプラスの値引き満足度
3.0