【2020年値引きレポート】新型フォレスター/特別仕様車の値引き率や目標・相場・口コミ

フォレスター 値引き
人

近年のSUVブームの先駆者とも言えるフォレスター

2018年にはe-boxerと呼ばれるハイブリッドが追加され、選択肢が広がった。

このスバルフォレスターの2020年3月における値引き相場や推移、アドバンスなどの交渉の口コミをレポートする。

フォレスター値引き結論
  1. 2020年3月の値引き相場30万~31万円
  2. フォレスターの目標値引き率車両本体から9%、ディーラーオプションから22%
  3. 特別仕様車であるエックスエディションの値引きもベース車両と同程度
  4. フォレスターの下取り車は値引きの調節に利用されるだけでなく査定金額も低いので、車買取店に売却しろ
当ブログのフォレスター値引き情報は、信頼のあるデータ・実績を集計して掲載しています。

最新2020年3月新型(B型)フォレスター/ハイブリッド値引き額の相場と推移

最新 新型 B型 ハイブリッド 額の相場と推移

2020年3月における最新の新型(B型)フォレスター/ハイブリッド値引き額相場と推移は次のとおりだ。

最新フォレスター値引き額相場

ディーラーオプション含む総額
30万~31万
(ガソリン/ハイブリッド共通)

新型フォレスターの値引き額は、安定した相場で推移している。

フォレスター値引き額相場の推移
値引き価格相場
2020年3月
30~31万
2020年2月
29~30万
2020年1月
29~30万
2019年12月
29~30万
2019年11月
29~30万
2019年10月
29~30万
2019年9月
27~28万
2019年8月
27~28万
2019年7月
一部改良
17~18万
2019年6月
24~25万
2019年5月
26~27万
2019年4月
26~27万
2019年3月
24~25万

決算時期はフォレスターの値引きが最高50万や60万になる?見積もりの注意

決算時期 最高

決算時期はフォレスターの値引きが最高で50万や60万になると思っている客がいるようだ。

しかし、仮に値引きが50万や60万だったとしても「下取り車を低く査定し、浮いた差額をフォレスターの値引きに回しただけ」というケースが目立つ

下取りと値引きの関係(支払総額は同じ)
フォレスター
値引き
下取り
査定
見積もり1
60万
70万
見積もり2
50万
80万
見積もり3
40万
90万
営業マン営業マン

下取り車で調整すればフォレスターの値引き額なんて50万にも60万にもできる(下の本に書いてある)。

  1. 見積もり 50万
  2. 60万

正直なディーラーはフォレスターの購入時に「下取りなし」を勧めてくれる

セールスマンは、ディーラーにおけるフォレスターの下取り車査定額は買取専門店より安いことを把握している

よって、正直なディーラーはフォレスターの購入時、下記の車雑誌における読者レポートのように「下取りなし」にして買取専門店へ売るように勧めてくれる(下記の記事ではセールスマンが言う通り車買取店の査定が16万円高い)。

下取りなし
↓拡大
購入
ディーラー

オプションや車両本体価格は様々なのでフォレスター値引き価格の目標は率で定める

オプション フォレスター値引き価格の目標

値引き価格の目標を定めてフォレスターの交渉をしたい人もいるだろう。

しかし、オプションの量は人によって様々であり、下記のようにグレードによっても車両本体価格は異なるため、値引き目標は一律に定められない

フォレスター車両本体価格
グレード
車両本体価格
(万円)
ツーリング
280
プレミアム
308
X-BREAK
297
アドバンス
315.7

よって、フォレスターの値引き目標は、「率」で定める

車両本体とナビパック等のディーラーオプションでは目標値引き率が違う

車両本体 ナビパック ディーラーオプション 率

目標とする値引き率は、「フォレスター車両本体」と「ディーラーオプション」で異なるので別々に定める必要がある。

ナビパック等のディーラーオプションは利益が大きいので、フォレスターの車両本体よりも目標値引き率を高く設定する。

【2020年3月】

  • フォレスター車両本体からの目標値引き率
    メーカーオプションとの合算から
    9%

  • ディーラーオプションの目標値引き率

    22%

フォレスターの車両本体とディーラーオプションの値引きが個別に提示されていません
「フォレスターの車両本体価格」及び「ディーラーオプションの総額」に対し、それぞれの目標値引き率を掛けて合算したものを比較しよう。
人

値引き率だけではイメージしにくいので、ツーリングプレミアムを例に値引き価格の目標(目安)を計算する。

ツーリング/プレミアム値引き価格の目標(目安)

  1. ツーリング
  2. ツーリング 目安
    画像出典:フォレスター公式

    フォレスターのエントリーグレードとなるツーリング

    価格・基本性能・安全性能を両立させたスタンダードモデルだ。

    このフォレスターツーリングの目標とすべき値引き価格の目安は以下のとおりだ。

    【条件】

    車両本体価格は286万円
    ディーラーオプション40万

    目標値引き価格(目安)35万円


  3. プレミアム
  4. プレミアム

    フォレスターで販売台数No2となる人気グレードがプレミアム

    ツーリングから、18インチアルミホイールやフルオートエアコンなどが追加されたハイグレードモデルだ。

    このフォレスタープレミアムの目標値引き価格(目安)は以下のとおりだ。

    【条件】

    車両本体価格は308万円
    ディーラーオプション50万

    目標値引き額(目安)39万円

特別仕様車エックスエディションは値引きが渋いことも

特別仕様車エックスエディション 渋い

フォレスターに設定された特別仕様車エックスエディションでも、値引きはベース車両と同程度となっている。

しかし、中には割安な価格設定を理由に値引きが渋いディーラーも存在するようだ。

特別仕様車エックスエディションの展示車や中古車もあり
渋い 展示車

特別仕様車は次期改良までの期間限定で販売されることが一般的だ。

よって、そのタイミングで展示車を入れ替えするので値引きが渋い時はそれを狙うか、あるいは中古車を購入するのもありだろう。

展示車・中古車のいずれも、価格が安いだけでなく納期が早いのも魅力。

中古ならSJ型やS-エディションも選べる!値引き交渉もしよう
中古 SJ S-エディション

中古のメリットは価格や納期だけではない。

過去に販売されたモデルも選べるという選択肢の広さも魅力。

先代のSJ型や、かつて人気のあった特別仕様車S-エディションも中古なら購入できるのだ。

もちろん、中古でも値引き交渉はできるのでしっかり交渉しよう。

フォレスターの新車にこだわるならRAV4やスバル同士を競合させて値引きを限界にする

フォレスターの新車にこだわるなら、RAV4やスバル同士を競合させて限界値引きで購入しよう。

  • RAV4
  • 新車 RAV4 限界
    画像出典:RAV4公式

    フォレスターの競合で最適な車はRAV4

    発売されたばかりの新型車であり、最新の技術やカッコいいデザインが魅力。

    RAV4が競合とわかればスバルの営業マンもフォレスターの新車値引きを拡大させてくるだろう。

  • スバル同士の競合
  • スバル

    RAV4と競合させた後は、スバル同士でフォレスターを競合させて値引きを限界まで引き出す。

    スバルにはサブディーラーもあるので、それも絡めて競合させる事。

フォレスターアドバンス/X-BREAK値引きの口コミレポート

フォレスター 値引き 口コミ レポート
執筆者斉藤良男のみんカラアカウント等を通して聞いた、スバルフォレスター「アドバンス」「X-BREAK」値引きの口コミをレポートします。

e-boxerのアドバンスから値引き総額40万の口コミ

e-boxerのアドバンス 総額40万
  • 口コミ報告者
    30代男性
  • 交渉年月
    2020年3月
  • 購入グレード
    アドバンス(e-boxer)
e-boxerのアドバンスを購入した理由は?
フォレスターに初のハイブリッドが搭載されたと聞いて、乗ってみたくなりました。
e-boxerとなるアドバンスの値引き総額は?
オプション・付属品込みで総額40万でした。
フォレスター値引き交渉のコツは?
正規ディーラーで購入しましたが、サブディーラーでも構わないと伝えておきました。

名古屋スバルにおけるX-BREAK(エックスブレイク)の値引きレポート

名古屋スバル X-BREAK(エックスブレイク)
  • レポート報告者
    40代男性
  • 交渉年月とディーラー
    2020年3月に名古屋スバル
  • 購入グレード
    X-BREAK(エックスブレイク)
X-BREAK(エックスブレイク)を購入した動機は?
アウトドアに使える本格的な装備が採用されていたので。
エックスブレイクの値引き総額は?
支払総額から約30万
フォレスター値引き交渉のポイントは?
RAV4とデザインなどが良く似ており、本当に迷っていることをアピールしました。

当ブログにおけるフォレスター値引き実績の情報源は価格.com(価格ドットコム)・みんカラ・車の雑誌等

当ブログでは、主に価格.com(価格ドットコム)・みんカラ・車の雑誌等の値引き実績を調査して情報を掲載している。

当ブログのフォレスター値引き情報源

値引き交渉の口コミなどは、みんカラ・ツイッター等を通してフォレスター購入者に聞くほか、中古車売買の現場で直接話を聞くこともある。

中古車売買で使う古物商許可証

中古車

フォレスターの値引き実績は、主に価格.com(価格ドットコム)や車の雑誌で得た情報を集計している。