ワゴンRスマイルの値引き価格はいくらなのかレポートするブログ

ワゴンRスマイル 値引き
人

ワゴンRのスライドドアバージョンとして新発売されたワゴンRスマイル。

高いデザイン性とスライドドアの使い勝手を融合させた新しい軽ワゴンをコンセプトとして開発したワゴンRの新モデルだ。

当ブログでは、このワゴンRスマイルの2022年5月における値引き価格がいくらなのかレポートする。

2022年5月
ワゴンRスマイル値引き相場
15万

値引きは下取り車で操作されるので注意(後述)

では、ワゴンRスマイルの値引き情報を詳しく解説しよう。

最新情報2022年5月スズキワゴンRスマイルの値引き相場はいくら?

最新情報 いくら
人

スズキワゴンRスマイルの値引き相場はいくらで推移しているのか、2022年5月の最新情報を見てみよう。

ワゴンRスマイルの値引き相場推移
値引き相場
2022年5月
15万
2022年4月
15万
2022年3月
15万
2022年2月
14万
2022年1月
13万
2021年12月
11万
2021年11月
7万
2021年10月
7万
2021年9月
5万
2021年8月
5万
2021年7月
発売前
2021年6月
発売前
ワゴンRスマイル値引き相場・推移の最新情報
2022年5月値引き相場の概況
ワゴンRスマイルは発売されたばかりの新型車であるため値引き相場はやや渋い。
今後の推移予測
緩やかに拡大して推移するだろう。

見積もりで重要なのは「下取り査定+ワゴンRスマイルの値引き額」

見積もりにあるワゴンRスマイルの値引き額は、それ単独で見ても意味がない。

ディーラーは、下取り車を安く査定して浮いた差額を値引きに上乗せしているからだ。

見値引き額が大きく喜んでいたら、実は下取り車の査定が格安だったというのはよくある話。

よって、ワゴンRスマイルの見積もりでは「下取り査定+ワゴンRスマイルの値引き額」で判断しなければ意味がない。

下取りと値引きの関係(支払総額は同じ)
ワゴンRスマイル
の値引き額
下取り査定
見積もりA
20万
25万
見積もりB
15万
30万
見積もりC
10万
35万
(参考)
45万
買取店の
買取価格
営業マン営業マン

下取り車で値引き幅を調整するのは当たり前(下の本に書いてある)。

  1. 見積もり
  2. 額

下取り車

相場
推移
拡大
支払総額
20万

25万

幅

グレードにより値段に違いがあるのでワゴンRスマイルの値引き目標は率で定める

グレード 値段 違い 目標 率

ワゴンRスマイルを購入する際、値引きの目標を定めてから交渉に挑みたい。

しかし、ワゴンRスマイルの値段は、以下のようなグレードによる違いがある。

ワゴンRスマイルのグレードによる値段の違い
グレード
駆動
値段
(万円)
ハイブリッドX
FF
159.3
4WD
171.6
ハイブリッドS
FF
147.3
4WD
159.6
G
FF
129.7
4WD
142.0

よって、ワゴンRスマイルの値引き目標を定めるときには、値引き率を採用する。

2022年5月ワゴンRスマイルの目標値引き率
ワゴンRスマイルの車両価格+メーカーオプション
9%
ディーラーオプション
18%
人

値引き率だけではわかりにくいので、GのFFハイブリッドXの4WDを例に、目標金額を計算してみよう。

Gの車両本体からの目標値引き金額

G
出典:ワゴンRスマイル公式

ワゴンRスマイルのエントリーグレードとなるG

スライドドア付きの車両ながら、FFなら120万円台という低価格が魅力だ。

このワゴンRスマイルG(FF)の車両本体からの値引き目標は次のとおり。

【購入条件】

・GのFF車両本体価格
129.7万
・ディーラーオプション
なし
目標値引き価格11.7万円

ハイブリッドXにディーラーオプション30万の目標値引き価格

X オプション 価格

ワゴンRスマイルの上位グレードとなるハイブリッドX

充実した装備に加え、内装外装の各所にメッキの加飾が加えられている。

このワゴンRスマイルハイブリッドX(FF)に、ディーラーオプション30万購入した時の目標値引き価格は以下のとおり。

【購入条件】

・ハイブリッドX新車価格
159.3万
・ディーラーオプション
30万
目標値引き総額19.7万円

ライバルのムーブキャンバスやエヌボックスと競わせてワゴンRスマイルの値引きを限界に

ワゴンRスマイルの値引き額を限界まで拡大するには、ライバル車との競合が必須。

ワゴンRスマイルのライバルは以下の2台だ。

  1. ムーヴキャンバス
  2. エヌボックス
  • ムーヴキャンバス
    ムーヴキャンバス

    ライバル ムーヴキャンバス

    ワゴンRスマイルの最大のライバルはムーヴキャンバス

    ワゴンRスマイルは、ムーヴキャンバスの人気を見て開発されたと言われているくらいだ。

    ワゴンRスマイルにも勝るとも劣らない、可愛らしいエクステリアが最大の魅力。

    両車で悩んでいるが、値引きが大きい方を購入したいと伝えよう。

  • エヌボックス
    エヌボックス

    エヌボックス

    日本で最も売れている大人気の軽自動車がエヌボックス。

    遮音性が高くて室内にロードノイズが響きにくいため、上質な走りを味わえる。

    リセールバリューも高く、売るときの優位性を考えるとエヌボックスも有力候補だが、値引きが大きいならワゴンRスマイルも検討すると伝えよう

    値引きが少なければ、ライバルのムーヴキャンバスかエヌボックスにしようかな。

    セールスマンセールスマン

    限界まで値引きしますので、ワゴンRスマイルをお願いします。

ワゴンRスマイルの値引きが渋い時におすすめの購入方法

ワゴンRスマイルは、2021年8月に発売されたばかりの新型車であるため、値引きは渋い。

そこで、ワゴンRスマイルを安く買うためのおすすめの方法を以下に提案する。

  1. 売れ行きのよいおすすめグレードを残価設定で値引きして購入

  2. パワースライドドアがなくて価格の安いGグレードにする

  3. 中古車店で新古車を値引きして買う

以下に解説する。

ワゴンRスマイルで売れ行きのよいおすすめグレードを残価設定で値引きして購入

売れ行き おすすめグレード 残価設定

ワゴンRスマイルの値引きが渋い時は、残価設定で購入し、毎月の支払い額を下げる方法もある。

売れ行きのよいおすすめグレードはリセールバリューも高いので、残価率が高く、毎月の支払いが安くなる。

セールスマンに、売れ行きの良いおすすめのグレードを聞いてみよう。

おすすめ度4.0

注意

ワゴンRスマイルに長くつもりなら、残価設定はあまりおすすめできない。

残価設定期間終了後の支払い条件を考えたら、通常のローンを組んだ方がよいだろう。

パワースライドドアがなくて価格の安いGグレードにする

パワースライドドア Gグレード

ワゴンRスマイルの値引きが渋く予算が厳しい時には、パワースライドドアがなくて価格の安いGグレードを選ぶのもありだ。

Gグレードでも安全装備は上位グレードと全く同じであり、安心して乗ることが出来る。

おすすめは、Gグレードにメーカーオプションの快適パッケージ(38,500円)を装着することだ。

快適パッケージの内容
  • スライドドアクローザー(両側)
  • キーレスプッシュスタートシステム

おすすめ度3.5

中古車店で新古車を値引きして買う

中古車 新古車

ワゴンRスマイルは発売されたばかりであるが、しばらくすれば中古車販売店に新古車が出回るだろう。

これを値引きして購入すれば納期も早く、価格も安いのでおすすめだ。

なお、中古車店によっては値引きしない店もあるので、新車との支払総額の差を比べる必要がある。

おすすめ度3.0

ワゴンRスマイルハイブリッドS値引き交渉の口コミを当ブログでレポート

ハイブリッドS 交渉 口コミ レポート
当ブログ執筆者斉藤良男の人脈などを使って、ワゴンRスマイルの値引き交渉をした人に聞いた口コミをレポート。
当ブログでレポートする口コミの報告者

30代女性
値引き交渉時期:2021年9月上旬



スペーシアを見に行ったら、ワゴンRスマイルの展示車を見つけました。

現在の車は?
ワゴンRです。
購入候補車両は?
スライドドアの軽自動車。

それでは、ワゴンRスマイルの値引き交渉の口コミをレポートします。

スペーシアを見に行ったらワゴンRスマイルの展示車を発見したが値引きは少ない

現在乗っているワゴンRの車検が近くなったので、車検を通さずに買い替えることに。

候補は以下の3車種。

  1. スペーシア

    スペーシア

    本命はスペーシア。デザインが好み。
  2. N-BOX

    N-BOX

    対抗はN-BOX。人気があるのでリセールバリューが高そう。
  3. タント

    タント

    大穴。ミラクルウォークスルーが魅力。

まずは、スペーシアを見るために、ワゴンRを購入したスズキディーラーへ出向く。

すると、見慣れない車が展示されており、眺めていると担当のセールスマンに話しかけられた。

新しく発売になったワゴンRスマイルです。

隣にはスペーシアの展示車両があった。

買い替えを検討していることを伝えて2台の説明を受ける。

30分ほど説明を受けてから席に移動し、見積もりをもらった。

値引き額の記載がないので尋ねてみると、以下のようであった。

  • スペーシア
    値引き額10万円→交渉後13万

  • ワゴンRスマイル
    値引き額0→交渉後3万

特に、ワゴンRスマイルは発売直後ということでかなり値引きが少ない。

同日から翌日にかけて、N-BOXとタントの交渉も行った。

N-BOX
値引きは10万
タント
値引き15万

展示車両を見るとN-BOXやタントはイマイチ好みではない。

最初のスズキディーラーに戻り、交渉を重ねたが、ワゴンRスマイルの値引きは5万までしか拡大しない。

本命のスペーシアが20万まで拡大したので、こちらを契約した。

ワゴンRスマイルは新型車両で値引きが少ない
ワゴンRスマイルの交渉をしたところ、値引きが拡大する手ごたえはありませんでしたので、スペーシアにしました。

5年落ちのワゴンRは、ディーラーよりも買取店の方が7万円高い査定でしたので、そちらに売却しました。