【2019年12月値引き】ホンダ新型シャトル/ハイブリッドの値引き価格相場や推移・目標レポート

シャトル 値引き
人

このブログでは、2019年12月におけるホンダ新型シャトル/ハイブリッドの値引き価格相場や目標などをレポートする。

まずは、最初にシャトルの値引きに関する結論から先に述べよう。

シャトル値引き結論
  1. 2019年12月シャトルの値引き相場16万~17万円
  2. シャトルの目標値引き率車両価格から7%、ディーラーオプションから18%
  3. 下取り車はシャトルの値引き調整に使われることが多い上、査定額も買取専門店より安いので下取りなしで交渉しろ
人

では、各項目について説明するからシャトル/ハイブリッド値引き交渉の前によく頭に入れておいて欲しい。

当ブログのシャトル値引き情報は、信頼・根拠のある情報・データを基に算出しています。

2019年12月新型シャトル/ハイブリッド値引き相場と推移

新型 相場 推移

2019年12月における新型シャトル/ハイブリッドの値引き相場や推移を以下に示した。

新型シャトル値引き相場

ディーラーオプション含む総額
平均16万~17万

シャトルの値引き相場は安定しており、今後も同程度で推移するだろう。

シャトル値引き相場推移
値引き相場
2019年12月
16万~17万
2019年11月
13万~14万
2019年10月
13万~14万
2019年9月
13万~14万
2019年8月
14万~15万
2019年7月
13万~14万
2019年6月
13万~14万
2019年5月
マイナー
チェンジ
11万~12万
2019年4月
9万~10万
2019年3月
7万~8万
2019年2月
14万~14万
2019年1月
14万~15万
2018年12月
14万~15万

シャトルの見積もりは「下取りなし」で値引き価格を提示させろ

価格

シャトルの値引き価格交渉を行う際、見積もりは下取りなしで作成させること

営業マンは、下取り車を安く査定して浮いた差額をシャトルの値引きに回すので、真の値引き価格がわからなくなるからだ。

下取りと値引きの関係(支払総額は同じ)
シャトル
の値引き
下取り
査定
見積もり1
30万
60万
見積もり2
20万
70万
見積もり3
10万
80万
営業マン営業マン

シャトルの値引き価格なんて下取り車で自由に操作できちゃうよ(下の本に書いてある)。

  1. 30万
  2. 20万 10万

シャトルの下取り車はディーラーより買取専門店の方が高く売れる

当ブログにおけるシャトルの値引き情報は月刊自家用車も参考にしているが、値引き体験レポートを読むと、下取り車はディーラーよりも買取専門店の方が高値で売れていることがわかる。

  1. 月刊自家用車値引き体験レポート(2名)

    体験

  2. 拡大

    レポート
    ディーラー
自動車ジャーナリストの見解
自動車ジャーナリストの見解
買取

その上、ディーラーにシャトルの下取り車を売却すると下記の請求をされることが一般的だが、買取専門店なら請求されない

  • 下取り車手続き代行費用(下取り車の名義変更手数料)
  • 下取り車査定料

よって、シャトルの下取り車は一括査定サイトを使って複数の買取り専門店を比較し、最も高いところに売却すれば支払総額を下げられる。

シャトルの値引き目標は「額」ではなく「率」で考える

額 率

上述したシャトルの値引き相場は、グレードやオプションの量などを考慮していない。

しかし、ガソリン車GのFFハイブリッドZの4WDでは、下記のように車両本体価格が100万円近くも違うから、値引き額にも違いがあって当然だ。

ガソリン車価格
グレード
駆動
価格
(万円)
G
FF
180.8
4WD
200.6
ハイブリッド価格
グレード
駆動
価格
(万円)
ハイブリッド
FF
215.8
4WD
235.6
ハイブリッドX
FF
241.9
4WD
261.7
ハイブリッドZ
FF
260.7
4WD
277.2

オプションの量も人によって違うので、シャトルの値引き目標がどれくらいかは、値引き「」ではなく「」で考える必要がある。

シャトル車体本体とディーラーオプションでは値引き率の目標が異なる

目標とする値引き率は、「シャトルの車体本体」と「ディーラーオプション」で異なるので、分けて考えよう。

ディーラーオプションは利幅が大きいので、シャトル車体本体よりも高い値引き率が期待できる。

オプション 目標
【2019年12月】

  • シャトル車体本体の目標値引き率
    メーカーオプションとの合算から
    7%

  • ディーラーオプションの目標値引き率

    18%

見積もりでシャトル車両本体とディーラーオプションの値引きが分けられていないときは?
自身の購入する「シャトルの車両本体価格」及び「ディーラーオプション価格」に対し、それぞれに上記目標値引き率を掛けて合算したものを比較しよう。

カローラツーリングやホンダディーラー同士を競合させて値引きを限界まで拡大する

シャトルの値引きを限界まで拡大させるためには、カローラツーリングやホンダディーラー同士を競合させよう。

カローラツーリングとの交渉を先行させ、その後、ホンダディーラー同士を競合させる。

カローラツーリングとの競合でシャトルの値引きを拡大させる

カローラツーリング

シャトルの最大のライバルはカローラツーリングである。

カローラツーリング・シャトルのどちらかにこだわりはなく、値引きが大きい方から購入すると交渉しよう。

最後はホンダディーラーでシャトル同士を競合させ値引きを限界に

ホンダ 限界

カローラツーリングとの競合を終えたら、最後はホンダディーラー同士でシャトルを競合させ、限界まで値引きを拡大させる。

ホンダは経営の異なるディーラーが多いので、シャトル同士の競合はやりやすいだろう。

決算期などはシャトルの新車値引きが最大30万になる?

最大30万

決算期などはセールをやるから、シャトルの新車値引きが最大30万などに拡大すると期待している人がいる。

しかし、ディーラーには毎月の販売目標があるので下記のようなセールを常に行っており、決算期だからといってシャトルの値引きが拡大するとは限らない(目標未達のディーラーが拡大させることはある)。

新車
決算
人

冒頭で紹介したシャトル新車値引き相場の推移を見ても、決算時期に値引き額はあまり拡大していないことがわかる。

シャトルに限らず、どの車でもモデルチェンジにより値引き相場が渋くなり、モデル末期に向かって徐々に拡大していくというサイクルを繰り返す。

モデルチェンジ前ならシャトルの値引きは30万も可能

モデルチェンジ前なら値引きが30万になることもあるシャトルだが、最近のモデルチェンジの履歴を以下に示す。

2019年5月マイナーチェンジ
2019年5月マイナーチェンジ

マイナーチェンジにより現行シャトルが登場したのは2019年5月である。

  • エクステリアのデザイン変更
    前後バンパー、フォグライトのデザインを変更したほか、リヤ周りのデザインを刷新。
    各所にクロームメッキを配し、上質感がアップ。
  • 内装の質感アップ
    ピアノブラックの加飾を随所に採用したほか、本革シートも設定するなど質感がアップした。
  • ホンダセンシングに機能追加
    従来の8機能に加え、オートハイビームを追加し夜間の安全性能を高めた。

シャトル値引き交渉の口コミをレポート

交渉 口コミ
執筆者斉藤良男のみんカラのアカウント、当ブログ公式ツイッターなどを通し、シャトル購入者2名から聞いた値引き交渉の口コミをレポートします。

G(ガソリン)から15万円値引きした口コミ

G ガソリン
  • 購入者
    50代男性
  • 購入年月
    2019年10月
  • グレード
    G(ガソリン)
シャトルGを購入した理由は?
大きな荷物を積むので積載性のある車を探していました。
シャトルGの値引き総額はいくらでした?
約15万円でした。
シャトル値引き交渉のコツは?
ホンダディーラー2店と交渉したのですが、同じ条件でも値引きが5万円違いました。
もっと回ればさらに値引きができたかもしれません。

ハイブリッドX(4WD)から20万円値引きした口コミ

ハイブリッドX 4WD
  • 購入者
    40代女性
  • 購入年月
    2019年10月
  • グレード
    ハイブリッドX(4WD)
シャトルハイブリッドX(4WD)を購入した理由は?
雪国に住んでおり通勤で使うので燃費の良い4WDは必須でした。
週末にまとめ買いをするので、トランクの容量の大きい車を探していました。
シャトルハイブリッドX(4WD)の値引き総額は?
約20万円でした。
シャトル値引き交渉のコツは?
いつもお世話になっているホンダディーラーで購入したので競合はさせていませんが、予算が足りなかったら別の車を探すと言ってプレッシャーをかけました。

ありがとうございました。

当ブログのシャトル値引き情報源は価格コム、みんカラ等を利用

当ブログのシャトル値引き情報は、下記を分析してレポートしている。

当ブログのシャトル値引き情報源

シャトルの値引き相場は、主に車雑誌、ディーラー等から聞いた情報を集計している。

値引き交渉の口コミは、みんカラ・ツイッター等を通してシャトル購入者に接触して収集するほか、中古車売買の現場で聞くこともある。

中古車売買で使用している古物商許可証

中古車

下取り車について思う事

ディーラーと買取専門店の査定額の差は大きい

株式会社ウインターハート 斉藤良男

シャトル値引き交渉の情報を分析していると、下取り車の査定はディーラーよりも買取専門店の方が高いことに気づく。

ディーラーとの差額は数十万になることが珍しくないので、シャトルの下取り車は一括査定サイトを使って複数の買取専門店を比較し、最も高査定の店に売却するのがベスト

おすすめはの一括査定サイトはズバット車買取比較だ。

なお、買取専門店ではすぐに車両の引き渡しを求められるが、ディーラー又は買取専門店と交渉して、シャトルが納車されるまでは代車を借りるとよいだろう。